Factoring

ファクタリングなら売掛先が倒産しても自社に影響がない!

スーツの女性

企業間の取引において、常に注意を払う必要があるのは売掛先が倒産し、回収困難にならないかどうかです。企業では万が一に備え、貸倒引当金を計上するなどで対応しています。それでも、高額な売掛金がある場合、連鎖倒産というリスクを伴うため、中小企業にとっては少しでも影響を避ける方法が必要です。
そして、ファクタリングにより資金調達をすることは、自社のキャッシュフローを改善するだけでなく、連鎖倒産や黒字倒産というリスクも避けることが出来ます。ファクタリング会社の多くは、契約後売掛先が倒産し、回収困難となった場合でも契約者に対し、売掛金債権を回収しない会社が多くあります。特に中小企業にとっては、貸倒引当金を計上する必要がない上、契約先の経営状況に影響することが無くなります。
もし、ファクタリングによりキャッシュフローの健全化、そして大型案件に伴い資金調達が必要という中小企業の経営者の方は、ファクタリング会社を選ぶ際、必ず売掛金債権の回収が自社に行われないかどうかチェックするのが重要です。また、ファクタリング会社の多くは、1案件ごとの契約となるため、一度に複数の売掛金売買を行うことが出来ます。結果、自社が連鎖倒産するリスクを大幅に低減出来る可能性もあります。

CONTENTS

TOP