Factoring

NEWS

2017年12月06日
自社の信用情報に影響がない!金融機関から融資にもメリット!を更新しました。
2017年12月06日
ファクタリングなら売掛先が倒産しても自社に影響がない!を更新しました。
2017年12月06日
ファクタリングのメリット!経理泣かせの仕分処理も楽々!を更新しました。
2017年12月06日
財務諸表でも赤字にならない!資産売却でキャッシュフローの健全化!を更新しました。

ファクタリング会社は資金調達の強い味方

女性

会社を経営していくうえで、どのような資金調達をしていくのか、これはどんな規模の会社の経営者であっても頭を悩ませる問題だと言えます。一般的に、会社の資金調達法としては銀行など、金融機関からの借り入れが考えられますが、銀行の審査はとてもシビアなので少しでもマイナス要因があると全くお金を貸してくれないということもあります。
そういったときは、従来の借り入れ方法とは異なる、ファクタリング業務を専門におこなっている会社に一度相談してみてはいかがでしょうか。ファクタリングとは、売掛債権を買い取ってもらう代わりにお金を受けとれるシステムのことです。売掛債権は、例えば取引先から契約上お金を支払ってもらえることにはなっているけど、ゆくゆくは支払ってもらえることになっている権利のことです。
ファクタリングを利用するメリットとしては、通常の融資のさいに必要になる担保や保証人などが不要だという点です。ただでさえ資金繰りに困っている会社経営者にとっては、金融機関などよりもハードルの低いファクタリングは非常に使い勝手の良いサービスになっているのです。もし突発的なトラブルが発生して急遽お金が必要になったときにはファクタリング会社に相談してみてはいかがでしょうか。

未回収の売掛金は「ファクタリング」で現金化

会社間による大きなビジネス取引が行われた場合、売掛金という形で請求金額は保留されます。クライアント側は支払期日までに売掛金を依頼先会社の口座へ入金する事となりますが、それを事実上前借的に現金化するのがファクタリングです。ファクタリングサービスを行っている業者では、まだ現金化されていない売掛金を即日現金にしてくれるのが基本サービスだと覚えておきましょう。
ファクタリングは真っ当な商取引サービスですので、上手に利用すればまとまったお金をスムーズに会社資産へ当てる事ができる便利な方法です。とはいえ便利な分ファクタリングサービスにも注意点があるので、利用する際はサービス内容についてよく確認をしておきましょう。特にファクタリングサービスにおいて注目しておくべきポイントが、「手数料」です。手間を省き即日現金化という利便性により、ファクタリング利用で業者に支払う手数料は、2社間であれば売掛負債額のおよそ10%~30%くらいが相場となっています。経営者にとってはかなり高い負担額に感じるかもしれません。しかし、「手続きの簡単さ」と「即日現金化」という高パフォーマンスを考えた場合、ファクタリングサービスの手数料は見合った金額だと言えるでしょう。

ベンチャー企業の運転資金調達の時でも役立つファクタリング

どれだけ良いビジネスアイディアを持っている会社でも、運転資金が確保できなければ宝の持ち腐れです。しかし、例えば立ち上げて日の浅いベンチャー企業の場合ですと、金融機関から借り入れるにしても、なかなか審査が下りなかったりして、運転資金を確保できないという事態も考えられます。確かに金融機関は信頼できるところですが、すぐに即金が欲しい時は残念ながら役に立ってくれません。
そこで金融機関の代わりになってくれるのが、ファクタリングです。ファクタリングは売掛債権を買い取ってくれるサービスのことで、融資と違って面倒な審査がなく、早ければ即日でお金を受け取ることが可能です。また、ファクタリングはいわゆる借金とは別の扱いになりますから、会社の負債にはならず、会社の価値にキズがつくことはありません。つまり金融機関からの評価を落とさず、安全に運転資金を確保できるのがファクタリングなのです。
融資と違うということは、相手方に担保を用意する必要もなく、保証人も必要ありません。利用者が用意するのは売掛債権、これだけです。こういったファクタリング会社は日本にいくつか存在しているのですが、相談はどこのエリアからでも受け付けています。運転資金が喉から手が出るほど欲しい経営者の方は一度このサービスを提供する会社に相談してみましょう。

CONTENTS

TOP